ケノンの痛みはどれくらい?

ケノン使用時の注意点とは?

ケノンを使用する際には、事前にフラッシュを照射するパーツのムダ毛を剃っておく必要があります。
そして、このとき注意しておきたいのが、「毛を深剃りしないようにする」という事です。
というのは、フラッシュ脱毛が最も効果を発揮するのは、毛が1〜2ミリの長さで生えている時だからです。
その原理は、ケノンのフラッシュはムダ毛の色素に反応するわけですから、少しお肌から出ていたほうが効き目がアップするということです。
ですから、あまりツルツルの状態にしてしまうとケノンの効果が充分に現れませんし、やっぱり深剃りしてしまうと、お肌の角質を傷つけてしまうことにもなりかねません。
ですから、施術前の剃毛は、カミソリやシェーバーをできるだけやさしくお肌に当てて行うのがベストです。
また、ほくろがあるパーツにフラッシュを当てる際には、明るめのトーンのコンシーラーでほくろを隠すと言う事も重要になってきます。
これもやはり、色素の濃いものに反応するケノンの特性上、ほくろに熱が加わってお肌にダメージを与えたり、痛みを感じたりする事を防ぐためです。
しかし、それでもコンシーラーで隠せば完璧ということはありませんので、ほくろ付近を施術する場合は、念のためパワーを弱めに設定して試し打ちしてみるほうが良いでしょう。

関連ページ

ケノンは色黒でも使える?
一番売れている家庭用脱毛器ケノン。 購入を考えたときに気になる事の一つが、脱毛時の痛みについてですよね。 当サイトでは、そんなケノンの痛みについて、本当は痛いのか痛くないのか検証してみました。